シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 共同利用型バイオガスプラントにおけるガス発生量の特徴と予測

作成年度 2008年度
論文名 共同利用型バイオガスプラントにおけるガス発生量の特徴と予測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業農村工学会北海道支部第57回研究発表会
誌名(No./号数) 農業農村工学会北海道支部第57回研究発表会講演集
発表年月日 2008/10/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地農業基盤研究グループ長秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
資源保全チーム石田 哲也(ISHIDA Tetsuya)
資源保全チーム横濱 充宏(YOKOHAMA Mitsuhiro)
資源保全チーム中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
資源保全チーム大深 正徳(OFUKA Masanori)
抄録
1、000頭程度の乳牛ふん尿(酪農家10戸相当)と重量比で15~20%程度の地域バイオマスを共同処理・利用するバイオガスプラントのガス発生状況の実績を考察し、ガスの発生量を再現する簡易モデルを提案した。このモデルにより、プラントの運転管理の変更によるガス発生量の変化が予想できる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.