シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 アタッチメント方式による路面清掃装置の開発

作成年度 2009年度
論文名 アタッチメント方式による路面清掃装置の開発
論文名(和訳)
論文副題 ロータリ除雪車を通年活用する提案
発表会 第53回(平成21年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/02/23 ~ 2010/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム中村 隆一(NAKAMURA Ryuichi)
寒地機械技術チーム佐々木 憲弘(SASAKI Norihiro)
道央支所坂口 勝利(SAKAGUCHI Katutoshi)
抄録
道路の維持管理は、近年の厳しい財政状況を踏まえた経常経費の縮減から、より一層のコスト縮減が求められている。北海道は積雪寒冷地であることから、路面清掃車等の維持機械及び除雪機械の専用車は各々半年程度しか稼働できない実態にある。[*]そこで、道路維持管理のコストの縮減を図ることを目的に、既存の機械をオールシーズン有効活用することで、ロータリ除雪車と路面清掃車の双方の機能を兼用可能な装置の開発を行うものである。[*]本報告では、試作した路面清掃装置の性能試験結果を主に、導入効果の試算によるイニシャルコストの縮減、効果的な配置提案によるランニングコストの縮減について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.