シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 長期供用後の疎水材型暗渠の排水機能持続性と疎水材の性状変化

作成年度 2009年度
論文名 長期供用後の疎水材型暗渠の排水機能持続性と疎水材の性状変化
論文名(和訳)
論文副題 -泥炭農地における動向-
発表会 第53回(平成21年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数) 第53回(平成21年度)北海道開発技術研究発表会論文集
発表年月日 2010/02/23 ~ 2010/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム岡村 裕紀(OKAMURA Yuuki)
資源保全チーム大深 正徳(OFUKA Masanori)
資源保全チーム中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
抄録
暗渠による排水を円滑に行うため、透水性の優れた地域発生資材を疎水材として埋戻す暗渠工が実施[*]されている。この暗渠工は歴史が浅いため、長期供用後の排水機能や疎水材性状が確認されていない。[*]そこで本研究では、ホタテ貝殻および埋木チップ(圃場内の埋木をチップ化したもの)を疎水材と[*]して用いた暗渠において長期供用後の排水機能や疎水材性状について検討した。[*]ホタテ貝殻は貝殻成分Ca の溶出が生じたものの、大きな破損はみられず、埋木チップは比較的腐[*]朽速度の遅い軟腐朽菌による腐朽が確認されたものの、チップの細片化はみられなかった。ホタテ貝[*]殻、埋木チップを用いた暗渠はともに排水機能が維持されていた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.