シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 泥炭農地の地盤沈下の長期観測

作成年度 2009年度
論文名 泥炭農地の地盤沈下の長期観測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/02/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大久保 天(OHKUBO Takashi)
道北支所池田 晴彦(IKEDA Haruhiko)
道北支所細川 博明(HOSOKAWA Hiroaki)
抄録
泥炭農地面の標高観測が、造成直後の1963年から1999年まで断続的に行われてきた。その観測の継続として、2009年に同地点において水準測量を実施した。その結果、圃場面は1999年観測時からさらに沈下しており、造成後46年間で圃場面の平均地盤高は6.87mから5.46mとなり、約1.5mの地盤沈下が生じていた。その沈下速度は、初期の10年間において5.3cm/年、その後の36年間において2.7cm/年であった。また、圃場内の泥炭層の物理性について分析を行い、泥炭層上部はそれ以深の泥炭層に比べて、間隙比が小さい状態であることを示した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.