シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 石灰石を疎水材に用いた暗渠の排水機能

作成年度 2010年度
論文名 石灰石を疎水材に用いた暗渠の排水機能
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成22年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/08/31 ~ 2010/09/02
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大岸 譲(OOGISHI Yuzuru)
資源保全チーム大深 正徳(OFUKA Masanori)
(株)環境保全サイエンス松里 浩二(MATSUZATO Kouji)
抄録
暗渠の施工にあたり,従来は暗渠管敷設時に掘削した現地土をそのまま埋戻す方法を採用してきた。しかし,近年では掘削土の代わりに,粗粒火山灰,カラマツチップ,ホタテ貝殻,石灰石等の透水性に優れた資材を疎水材として埋戻す暗渠が施工されるようになってきた。しかし,疎水材に石灰石を用いた暗渠の歴史は浅いため長期的な排水性は不明である。そこで,石灰石暗渠の排水機能の経年変化を追跡するため,施工後3年目の石灰石暗渠の排水性を調査した。[*]調査の結果,疎水材に石灰石を用いた暗渠の排水機能は,施工後3年が経過した後も維持されていることがわかった。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.