シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 暗渠排水工の簡易な機能診断手法の提案

作成年度 2011年度
論文名 暗渠排水工の簡易な機能診断手法の提案
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成23年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2011/09/06 ~ 2011/09/08
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大岸 譲(OOGISHI Yuzuru)
資源保全チーム大深 正徳(OFUKA Masanori)
抄録
暗渠排水工の機能を診断する際には、降雨後の地下水位の低下や地耐力の回復を確認するために、地下水位調査や地耐力調査が実施されている。この地下水位調査は、ほ場に地下水位観測孔を設置して計測を行うため、設置に手間がかかり、また、営農に支障をきたす場合がある。一方、地耐力調査は、貫入式土壌硬度計を用いてコーン指数を測定する簡易な調査法であり、営農に支障をきたす事はない。そこで、地耐力調査の結果から地下水位を推定することによる、簡易な暗渠排水工の機能診断手法の提案を試みることとした。[*]結果、事前に判断指標となるコーン指数を把握しておくことで、暗渠の機能診断につながると考えられた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.