シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 深礎杭の周面抵抗力設計法の検証

作成年度 2011年度
論文名 深礎杭の周面抵抗力設計法の検証
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第29回日本道路会議
誌名(No./号数)
発表年月日 2011/11/01 ~ 2011/11/02
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム江川 拓也(EGAWA Takuya)
寒地地盤チーム西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
寒地地盤チーム冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
寒地地盤チーム福島 宏文(FUKUSHIMA Hirofumi)
抄録
深礎杭の設計では,施工時の土留め工に吹付けコンクリート等の地山密着型土留め工を採用した場合,従来のライナープレートでは考慮できなかった杭の周面抵抗力を考慮できるが,周面抵抗力の実発現を確認した事例はなかった.本検討は,橋梁基礎深礎杭の長期軸力計測結果を用いたFEM解析結果から,土留め工別の周面抵抗力発現傾向ならびに設計法の妥当性を検証した.その結果,ライナープレート部では,鉛直方向せん断地盤反力度の発現が小さく,周面抵抗力の発現を考慮しないとする現行の設計法の妥当性が検証された.一方,吹付けコンクリート部では,鉛直方向せん断地盤反力係数は設計値よりも小さいものの,鉛直方向せん断地盤反力度は設計値相当あるいはそれ以上の発現が得られるものと検証された.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.