シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 Shear Strengthening of RC Beams using FRP Mesh and PVA Short Fiber Mixed Shotcrete

作成年度 2011年度
論文名 Shear Strengthening of RC Beams using FRP Mesh and PVA Short Fiber Mixed Shotcrete
論文名(和訳) FRPメッシュとPVA短繊維混入吹付けコンクリートを用いたせん断補強
論文副題
発表会 The Third Asia-Pacific Conference on FRP in Structures (APFIS2012)
誌名(No./号数)
発表年月日 2012/02/02
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム中村 拓郎(NAKAMURA Takuro)
耐寒材料チーム田口 史雄(TAGUCHI Fumio)
室蘭工業大学栗橋 祐介(KURIHASHI Yusuke)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
三井住友建設三上 浩(MIKAMI Hiroshi)
抄録
Fiber Reinforced Polymer (FRP) is currently used worldwide to repair or strengthen infrastructures such as bridges and buildings. This paper presents results of an experimental investigation on the shear response of reinforced concrete (RC) beams that were strengthened using FRP mesh and shotcrete. The strengthening materials were polyvinyl alcohol short fiber mixed shotcrete (PVA shotcrete) and Aramid FRP mesh (AFRPm) or Carbon FRP mesh (CFRPm). This investigation was carried out on four RC beams without stirrups: a plain RC beam; a RC beam strengthened using PVA shotcrete; a RC beam strengthened using AFRPm and PVA shotcrete; a RC beam strengthened using CFRPm and PVA shotcrete. These strengthening materials were applied to sides and bottom surface of these beams. These beams were tested under four point static load conditions. Experimental results indicate that this strengthening method using FRP mesh and PVA shotcrete increases the shear capacity of each beam. Furthermore、 the results of experimental tests were compared with calculated values in this paper. These shear capacity increase of PVA shotcrete and FRP mesh were calculated by equations based on the ultra high strength fiber reinforced concrete、 and FRP sheet jacketing、 respectively. As a result、 it was suggested that the improvements of shear capacity by this strengthening method were possible to evaluate by a combination of these proposed equations.[*][*]FRPは橋梁等の構造物の補修・補強に広く用いられている。本論文では,FRPメッシュと吹付けコンクリートによって補強したRC梁のせん断耐力について実験的検証を行った。補強材料には,ポリビニルアルコール短繊維を混入した吹付けコンクリート(PVA吹付けコンクリート)とアラミドFRPメッシュ(AFRPm),カーボンFRPメッシュ(CFRPm)を使用している。本研究では,無補強,PVA吹付けコンクリートのみで補強,PVA吹付けコンクリートとAFRPmで補強,PVA吹付けコンクリートとCFRPmで補強の4ケースのせん断補強筋のないRC梁を用いて,静的載荷実験を行った。なお,これらの補強材料はRC梁の側面と底面に施工されている。これらの実験結果から,FRPmとPVA吹付けコンクリートを使用した補強工法は,RC梁のせん断耐力を向上させる効果が確認され,また,このせん断耐力の向上効果は,高強度繊維補強コンクリートやFRPシート工法における計算式に準じた式を用いて評価できることが示された。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.