シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 バイオメタン製造プラントの日負荷変動を考慮した運転方法の最適化

作成年度 2011年度
論文名 バイオメタン製造プラントの日負荷変動を考慮した運転方法の最適化
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業農村工学会論文集
誌名(No./号数) 農業農村工学会論文集
発表年月日 2012/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大久保 天(OHKUBO Takashi)
抄録
分散型電源の大量導入に向けて,電力系統に与える影響を抑制するため系統への逆潮流を行わないバイオガスエネルギー利用として,バイオガスを精製したバイオメタンを貯蔵・運搬し,地域の需要家にてエネルギー利用を行う方法を検討した.本研究では,乳牛1、000頭のふん尿処理規模のプラントより製造されたバイオメタンをプラントから離れた需要地においてコージェネレーションの原燃料に利用するモデルを数理計画法に基づき定式化し,その場合の温室効果ガス排出削減量を最大とする最適なプラント運転方法について試算した.その結果,プラントは熱需要に応じたガスエンジンの運転を行い,その発電以外の電力は系統から購入,不足の熱はガスボイラーにより供給する運転方法が最適解として抽出された。また,この場合,1日約500Nm3のバイオメタンを地域の需要家へ供給可能と試算された.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.