シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 泥炭農地の排水による地表面沈下の考察

作成年度 2011年度
論文名 泥炭農地の排水による地表面沈下の考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業農村工学会北海道支部 第60回研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2011/10/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大久保 天(OHKUBO Takashi)
資源保全チーム中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
資源保全チーム石田 哲也(ISHIDA Tetsuya)
抄録
北海道の代表的な土壌である泥炭は、高含水比・高圧縮性・低せん断抵抗性を有し、排水時や載荷時に大きな変形や地盤沈下を生じる。また、植物遺骸等の有機質土が堆積したものであることから、その水分環境の変化により、分解や体積減量が生じ、さらに、土壌の脱水により大きな体積収縮が起こる。本報では、このような特徴を有する泥炭地盤の沈下について考察を加えた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.