シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 可視化分析を活用した除雪作業の検証

作成年度 2013年度
論文名 可視化分析を活用した除雪作業の検証
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第30回日本道路会議
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/10/30 ~ 2013/10/31
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム小宮山 一重(KOMIYAMA Kazushige)
寒地機械技術チーム牧野 正敏(MAKINO Masatoshi)
寒地機械技術チーム大上 哲也(OOGAMI Tetsuya)
抄録
積雪寒冷地域において、冬期の道路除雪に関する住民ニーズは高いため、道路管理者は配置している除雪車を有効に活用し、効率的、効果的な除雪を実施する必要がある。そのためには、降雪量に応じた最適な施工方法(除雪梯団編成、除雪ルート)で行う必要があるが、これらは主に道路管理者や除雪業者の過去の経験に頼って判断されている。また、実施された除雪梯団編成や除雪ルートの効率性などに関して、施工後の検証はあまり行われていない。[*]時間経過に伴う除雪車の作業情報をグラフ化する可視化分析を活用することで、降雪量の多少による除雪梯団編成や除雪ルートの違いを確認することができた。また、担当作業区間を変更するなどシミュレーションすることで、路線としての除雪作業時間短縮の可能性が確認できた。本稿では、その検証事例について報告する。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.