シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 冬期道路有効幅員計測システムの試作と計測試験について

作成年度 2013年度
論文名 冬期道路有効幅員計測システムの試作と計測試験について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2013・北見)
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/09/17 ~ 2013/09/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム大上 哲也(OOGAMI Tetsuya)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地機械技術チーム三浦 豪(MIURA Gou)
寒地機械技術チーム小宮山 一重(KOMIYAMA Kazushige)
寒地機械技術チーム山崎 貴志(YAMAZAKI Takashi)
抄録
冬期道路の有効幅員は,路肩堆雪の成長により幅員が減少し,渋滞が生じるなど,冬期交通(旅行速度)に大きく影響する要因の一つである.有効幅員と旅行速度との関係を把握することにより,旅行速度に著しく影響(速度低下)する前に必要な幅員を確保するなど,効率的な維持管理の計画・実施に寄与することが期待される. [*]しかし,現状の道路有効幅員の確認は,パトロール等での目視が主であり,定量的な把握は行われていない.このことから,計測システムを試作し,各試験により計測精度等を確認した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.