シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 一般国道276号 道路盛土崩壊の災害復旧対応について-一日も早い復旧を目指して-

作成年度 2011年度
論文名 一般国道276号 道路盛土崩壊の災害復旧対応について-一日も早い復旧を目指して-
論文名(和訳)
論文副題 平成23年度(安-22)
発表会 平成23年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成23年度技術研究発表会
発表年月日 2012/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
塩田久朗
加藤智彦
阿部篤
抄録
平成23年9月、北海道は停滞前線・台風による大雨により、道路・河川など広い範囲で大きな被害を受けたが、伊達市大滝区でも道路盛土が崩壊する事象が発生した。これにより道路幅の半分以上が崩壊し、7日間にわたり全面通行止めするという大きな災害となったが、関係機関との連携・協力・情報提供など迅速な対応により、人的被害はなく、早期に復旧することができた。本論文では、災害の発見から復旧までの約1週間の対応を、近年頻発する災害対応の一例として報告するものである。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.