シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ジオテキスタイルによる補強土壁の凍上による変形要因の解明と対策

作成年度 2011年度
論文名 ジオテキスタイルによる補強土壁の凍上による変形要因の解明と対策
論文名(和訳)
論文副題 平成23年度(ふ-13)
発表会 平成23年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成23年度技術研究発表会
発表年月日 2012/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
佐藤厚子
西本聡
竜田尚希
抄録
寒冷地の道路盛土では、ジオテキスタイルを用いた補強土壁が凍上により変形する例が報告されている。そこで、その要因を確かめるために屋外で実物大模型を構築し、ひずみや変形を測定し凍結による補強土壁の変状を測定するとともに、凍上対策を行い標準工法と比較した。その結果、凍上による変形に対して、置換工法が効果が大きいことが分かった。また、既設の補強土壁の凍上抑制対策として、断熱材の設置により効果が期待できることが分かった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.