シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 低品質骨材を使用したダムコンクリートの耐久性試験について-夕張シューパロダムにおける低品質骨材の有効活用事例-

作成年度 2011年度
論文名 低品質骨材を使用したダムコンクリートの耐久性試験について-夕張シューパロダムにおける低品質骨材の有効活用事例-
論文名(和訳)
論文副題 平成23年度(技-12)
発表会 平成23年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成23年度技術研究発表会
発表年月日 2012/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
戸髙隆司
佐々木晋
三上達也
抄録
コンクリートダムの建設においては、骨材は重要かつ大量に必要となる材料である。しかし、近年ではダムサイト近傍で地質条件の良好な原石山を得ることは難しく、良質な骨材を得るためには、原石山からの掘削量及び廃棄岩量が増えることで建設コストが増大するだけでなく、周辺環境が改変されるという課題が生じている。夕張シューパロダムでは、上記課題を踏まえて、原石山の地質条件、コスト縮減、環境保全の観点から低品質骨材を有効利用することを検討し事業を進めてきた。本報告では、低品質骨材の利用に関する検討経緯と長期安定性を確認する耐久性試験の概要をまとめる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.