シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 冬期路面対策における防滑材の定着性向上を目的とした加熱水混合散布手法

作成年度 2014年度
論文名 冬期路面対策における防滑材の定着性向上を目的とした加熱水混合散布手法
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成26年度 建設施工と建設機械シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/11/26 ~ 2014/11/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム中村 隆一(NAKAMURA Ryuuichi)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地交通チーム切石 亮(KIRIISHI Makoto)
抄録
 積雪寒冷地における冬期道路のすべり抑制対策として、厳寒期には、すべり止め効果を期待する砂や砕石等の防滑材が散布されているが、通行車両の走行などによって、時間経過とともに防滑材が走行路外へ飛散しその効果が低下する傾向にある。   そこで、防滑材の路面への定着性向上を目的に、新たな散布技術として、防滑材と加熱水の湿式散布(加熱水混合散布)手法について検討し、凍結防止剤散布車の改造と実道における試験施工を行った。凍結防止剤散布車の改造は、加熱機器と熱交換器を組み合わせて加熱水を作製する機構を車載する構造とした。実道での試験施工の結果、現行の防滑材と塩化カルシウム水溶液の湿式散布と比較して、散布直後のすべり対策効果およびその持続性に向上が見られた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.