シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 バイオガスプラントにおけるガス利用方式の違いが運転時のエネルギー収支に及ぼす影響

作成年度 2014年度
論文名 バイオガスプラントにおけるガス利用方式の違いが運転時のエネルギー収支に及ぼす影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 農業施設学会
誌名(No./号数) 農業施設
発表年月日 2014/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
酪農学園大学干場信司(HOSHIBA Sinji)
宇都宮大学菱沼竜男(HISHINUMA Tatuo)
酪農学園大学森田茂(MORITA Shigeru)
抄録
【農業施設学会論文賞受賞梗概】稼働中の共同利用型バイオガスプラントで実測したデータをもとにバイオガスプラント運転シミュレーションモデルを構築した。そのモデルを用いてバイオガス利用方式がガスボイラー、コジェネレーター(CHP)および精製圧縮充填装置(精製装置)の場合でのプラント運転時のエネルギー収支について定量的に比較し、効率的なバイオガス利用方法を明らかにした。また、投入した化石エネルギー量および精製時に排出されたオフガス中のメタン量から温室効果ガス排出量を求め、環境に対する負荷について明らかにした。その結果、乳牛1、000頭分のふん尿を処理するバイオガスプラントでは、エネルギー生産効率が最も良いガス利用方法はCHPを用いた場合であることが明らかとなった。また、温室効果ガス排出量の最も少ないガス利用方法はCHPを用いた場合であり、最も多いのが精製装置を利用した場合であった。産出エネルギー1GJ当たりの温室効果ガス排出量は、精製装置を利用した場合ではCHPを利用した場合の10倍以上であった。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.