シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 除礫後の畑圃場の物理的性質に関する検討

作成年度 2014年度
論文名 除礫後の畑圃場の物理的性質に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回農業農村工学会北海道支部研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/10/29
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム町田 美佳(MACHIDA Mika)
企画室大深 正徳(OOFUKA Masanori)
資源保全チーム小野寺 康浩(ONODERA Yasuhiro)
抄録
除礫を施工している北海道の畑圃場にて、除礫施工前後の土壌の物理的性質等を調査した。クラッシング工法および排除集積工法の施工により、Ap1層の30mm以上の礫の割合が減少し、シルトおよび砂の割合が増加した。また、クラッシング工法で石礫を破砕した後の作土は、膨軟で透水性が大きかった。石礫破砕後に整地工を施すと、適正な透水性を示した。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.