シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 熟成スラリーの長期施用が牧草収量及び土壌理化学性に及ぼす影響

作成年度 2013年度
論文名 熟成スラリーの長期施用が牧草収量及び土壌理化学性に及ぼす影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第57回(平成25年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2014/02/18 ~ 2014/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム町田 美佳(MACHIDA Mika)
(未記入)桑原 淳(KUWABARA Junn)
(未記入)中山 博敬(NAKAYAMA Hiroyuki)
抄録
 北海道の大規模酪農地帯では、希釈曝気等によって調整した熟成スラリーが、肥料として散布されている。熟成スラリーには、肥料成分だけでなく有機物も含まれているため、牧草地に散布すれば、長期的には土壌の理化学性を改善すると考えられる。本研究では、別海町内の農家が管理する牧草地にて、熟成スラリーの長期連用に伴う、土壌理化学性への影響について検討した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.