シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 石礫破砕処理した農地表層土の粒度特性の検討

作成年度 2014年度
論文名 石礫破砕処理した農地表層土の粒度特性の検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会北海道支部平成26年度年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2015/01/31 ~ 2015/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム小野寺 康浩(ONODERA Yasuhiro)
資源保全チーム町田 美佳(MACHIDA Mika)
寒地技術推進室道東支所近藤 晴義(KONDO Haruyoshi)
抄録
 本論では、石礫が混入が多い農地の表層土を対象に、石礫破砕処理後の粒度などを検討した。その結果、石礫土層の上に造成された農地の表層土は、長年の農耕を経て下層から石礫が拾い上げられ粗礫やコブルの含有量が多く、粒径加積曲線は階段状を示すことが認められた。また、石礫破砕処理後は表層土が膨軟化することから、農作業機械のトラビリティを確保するために整地工を施し、支持力を増加させる必要があることが確認された。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.