シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 レーザースキャナによる道路有効幅員及び路肩堆雪形状の計測

作成年度 2015年度
論文名 レーザースキャナによる道路有効幅員及び路肩堆雪形状の計測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成27年度 建設施工と建設機械シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2015/12/01 ~ 2015/12/02
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム佐藤 信吾(SATOU Shingo)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地機械技術チーム三浦 豪(MIURA Gou)
寒地機械技術チーム小宮山 一重(KOMIYAMA Kazushige)
抄録
 効率的に冬期道路の交通を確保するためには、道路状況を把握し、その道路状況が交通に与える影響を勘案しながら除雪などを行う必要がある。  道路状況のうち道路の有効幅員は、路肩堆雪の成長によって減少し、渋滞の原因になるなど、冬期交通(旅行速度)に大きく影響する要因の一つである。  この有効幅員と旅行速度との関係を把握することは、除排雪コストを抑制しつつ、旅行速度の著しい低下(渋滞)を防止するなど、効率的な維持管理計画の策定において重要である。  しかし、現状の道路有効幅員の確認は、パトロール等による目視が主であり、定量的な把握はあまり行われていない。  このことから、本研究では、冬期の道路有効幅員や路肩堆雪形状を計測する手法の確立に向け、レーザースキャナを用いた安価な計測システムを開発している。本稿では、試作した計測システムによる路上での計測試験結果などについて報告する。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.