シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 除雪機械の運用判断を支援するための除雪機械稼働情報グラフ化機能の開発

作成年度 2015年度
論文名 除雪機械の運用判断を支援するための除雪機械稼働情報グラフ化機能の開発
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第31回 寒地技術シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2015/11/04 ~ 2015/11/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム小宮山 一重(KOMIYAMA Kazushige)
寒地機械技術チーム高本 敏志(TAKAMOTO Satoshi)
寒地機械技術チーム佐藤 信吾(SATOU Shingo)
抄録
積雪寒冷地域の道路除雪は必要不可欠であり,効率的な実施が求められる.しかし,局地的な降雪など一部の区間に降雪が集中する時は,通常降雪時よりも時間を要し,作業が遅延する場合がある.遅延を抑制する方法として,近隣の除雪工区との連携除雪が有効である.この連携除雪を効果的に実施するためには,除雪作業の進捗状況をリアルタイムに把握するとともに,過去の大雪時の除雪作業実態の分析が必要である. そこで,除雪車の作業データを用いて,除雪車の動態をWeb上で折れ線グラフに表示し,作業状況を確認するグラフ化機能を開発した. 本発表では,グラフ化機能の特徴,グラフ化機能を用いた除雪作業の分析について解説する.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.