シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 積雪寒冷地における無機質系暗渠疎水材の耐久性の検討

作成年度 2015年度
論文名 積雪寒冷地における無機質系暗渠疎水材の耐久性の検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第59回(平成27年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2016/02/16 ~ 2016/02/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム新津 由紀(NIITU Yuki)
(未記入)小野寺 康浩(ONODERA Yashuhiro)
(未記入)石田 哲也(ISHIDA Te)
抄録
現在、標準的に施工されている疎水材型暗渠排水は、各種の劣化作用を受ける環境におかれているが、疎水材の耐久性は明らかではない。そこで、積雪寒冷地の北海道で特徴的な劣化要因である凍結融解作用など負荷する室内実験を行った。供試材料には、近年の国営事業で使用例の多い砕石と火山礫を使用した。その結果、凍結融解数十サイクルを経た後でも疎水材として良好な性状を保持していることが示された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.