シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ハタハタ産卵基質としての人工海藻の改良効果について

作成年度 2015年度
論文名 ハタハタ産卵基質としての人工海藻の改良効果について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第59回(平成27年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2016/02/16 ~ 2016/02/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム牧田 佳巳(MAKITA Yoshimi)
(未記入)大橋 正臣(OOHASHI Mashami)
(未記入)大畑 喜則((no entry))
抄録
当研究所では、ハタハタ資源の維持・増大を目的として平成12年にハタハタの産卵基質となる人工海藻を開発した。これまで、その耐久性を検証するとともに、現地において産卵状況の継続調査を行ってきた。そして、平成26年に、調査結果に基づき改良した人工海藻を登別漁港へ設置した。本報告は、これまでに確認されたハタハタの産卵特性と、その特性に基づく人工海藻の改良点およびその効果と課題について取りまとめたものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.