シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 融雪期干渉SAR解析による地すべり変動検出の可能性

作成年度 2017年度
論文名 融雪期干渉SAR解析による地すべり変動検出の可能性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成29年度 日本応用地質学会 研究発表会
誌名(No./号数) 平成29年度 日本応用地質学会 研究発表会講演論文集
発表年月日 2017/10/12 ~ 2017/10/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム角田 富士夫(TUNODA Fujio)
防災地質チーム日外 勝仁(AGUI Katsuhiko)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
北海道では、融雪期において道路の通行止めや河川の閉塞が生じる地すべりの斜面災害が多発している。地すべりの変動を検出する技術として、陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)の観測した画像より干渉SAR解析を行うことが有効な手法である。しかし、融雪期では地表面の積雪が干渉SAR解析を困難にしていた。本研究では、融雪期の異なる時期の観測データを対象に干渉SAR解析を試行的に行った結果、無雪期-融雪期の干渉ペアで積雪層が乾雪に近く30cm程度未満の薄層であれば、干渉SAR解析が可能であることがわかった。ただし、積雪期-融雪期および融雪期-融雪期の干渉ペアで積雪が30cm以上であっても干渉性が良いため、融雪期の地すべり変動調査手法として適応性が高い可能性がある。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.