シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 汽水湖の貧酸素改善手法に関する実験的研究

作成年度 2017年度
論文名 汽水湖の貧酸素改善手法に関する実験的研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会
誌名(No./号数) 環境工学論文
発表年月日 2017/11/17 ~ 2017/11/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム杉原 幸樹(SUGIHARA Kouki)
水環境保全チーム新目 竜一(SHIMME Ryuichi)
抄録
塩淡二層汽水湖の網走湖において,塩水層の貧酸素改善を目的に気液溶解装置(WEP)による酸素供給時の水質変化について実水域で実験的な検討を行った.現地で貧酸素水塊を採取し,循環水槽でWEPによる酸素供給を行った結果,純酸素を吸気した場合に溶存酸素を約40 mg/Lまで溶解可能であった. 現地の貧酸素水塊には毒性物質である硫化水素が130 mg/Lの高濃度で蓄積しており,酸素供給によって水中の硫化水素を固体硫黄へ酸化させる反応が優先して,硫化水素を無害化可能であることが,明らかとなった.また,硫化水素を完全に酸化させた水を底泥と接触させることで,水中のオルトリン酸が減少することを確認した.一方で数日間の酸素供給ではアンモニウム態窒素に影響しないことが分かった.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.