シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 在来種を用いた寒冷地堤防法面の緑化試験

作成年度 2017年度
論文名 在来種を用いた寒冷地堤防法面の緑化試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第15回環境研究シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2017/11/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム谷瀬 敦(TANISE Atsushi)
水環境保全チーム新目 竜一(SHIMME Ryuichi)
水環境保全チーム杉原 幸樹(SUGIHARA Kouki)
抄録
北海道では,河川堤防法面植生種として寒冷気候においても活着しやすく生長も早い外来の草種が導入されてきたが,近年,自然公園内の道路法面等の緑化の場面において,在来植生種の導入や生物多様性に配慮した緑化が実践されており、河川堤防においても,環境に配慮した在来植生種の導入による緑化が求める声が出てきている。そのため,本研究所では河川の実堤防を試験地として,在来種子による法面緑化の試験施工を平成23年度から実施し、追跡調査を行っている。 試験地は北海道恵庭市東部の千歳川堤防で在来種としてヨシ,オギ,ビロードスゲ等を選定し,これらの種子を腐植酸吹付けと植生シート工により植栽している。また,現地試験結果との比較を行うため,室内において在来種子の発芽試験を行い,発芽率を計測した。その結果,現地試験では,1ヶ月後の調査において室内試験と同程度の発芽が確認されたが,2ヶ月後,3ヶ月後の調査では確認個体数が減少し,発芽していた種子も枯死していることが確認された。試験地近傍のアメダスの気温・降水量の観測結果や現地調査結果から,発芽後の定着率の向上を図るためには,発芽後の十分な土壌水分の保持と他の草種との競合を緩和させる必要があることが示唆された。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.