シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平成28年8月洪水により決壊した常呂川堤防の耐侵食評価

作成年度 2017年度
論文名 平成28年8月洪水により決壊した常呂川堤防の耐侵食評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第5回河川堤防技術シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2017/11/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム谷瀬 敦(TANISE Atsushi)
寒地河川チーム矢部 浩規(YABE Hiroki)
水環境保全チーム新目 竜一(SHIMME Ryuichi)
抄録
平成28年8月の北海道・東北豪雨により、北海道東部の常呂川流域の複数箇所で堤防から越水し、2支川で破堤決壊した。被災後に、破堤箇所を含めて、越水が生じた堤防の複数箇所で法面植生の根毛量,根系強度を現地で計測し、根毛量の流水に対する耐侵食性を評価する既往の実験式により、被災時の堤防植生許容侵食深に達するまでの時間を比較・検討した結果、破堤箇所の植生根毛量が破堤をまぬがれた箇所と比較して少なく、耐侵食性が劣ることが明らかになった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.