シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 トンネル舗装面下の浅部岩盤性状の評価に向けた物理探査の適用事例

作成年度 2017年度
論文名 トンネル舗装面下の浅部岩盤性状の評価に向けた物理探査の適用事例
論文名(和訳)
論文副題
発表会 産業総合研究所地質情報研究部門主催研究会
誌名(No./号数) 産業総合研究所地質情報研究部門主催研究会要旨
発表年月日 2018/03/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
(株)フジタ丹羽 廣海(NIWA Hiroumi)
(株)フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
抄録
本報告では、熱水変質を受けた火山岩類の岩盤に建設され、完成から数年後、舗装面が複数の区間で隆起したトンネルで、舗装の損傷を防ぐため震源に油圧インパクタを使用した屈折法地震探査を実施し、P波速度の分布をもとに、岩盤性状を評価した事例について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.