シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 豊平川中流部における小規模掘削によるサケ産卵環境の創出

作成年度 2017年度
論文名 豊平川中流部における小規模掘削によるサケ産卵環境の創出
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2018/02/20 ~ 2018/02/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム片岡 朋子(KATAOKA Tomoko)
(未記入)布川 雅典(NUNOKAWA Masanori)
(未記入)谷瀬 敦(TANISE Atsushi)
抄録
豊平川周辺は我が国で最もサケに関して関心が高いといってよい。その豊平川中流部では、近年河床堆積が進み、寄り州周辺のサケ産卵場の環境が劣化している。この砂州周辺の産卵環境を改善するために、砂州の地形を利用して砂州内の上流から下流へ掘削路を造成した。その結果、砂州下流部に堆積していたシルトが流出し、礫河床が出現した。本工事のような簡便な施工により、サケ産卵環境が改善できる可能性が高いと考えられる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.