シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

刊行物<寒地土木研究所月報・報告>

2017年度

2016年度 <<  >> ■
3月2月1月12月11月10月
9月8月7月6月5月4月

3月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

2月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

1月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

12月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

11月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

10月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

9月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

8月 / 目次

タイトル著者研究室
美しい国づくりと景観に調和した土木施設の色彩について山下 彰司特別研究監
自然・田園域における通信線が景観へ与える影響と単独埋設の有効性について松田 泰明/岩田 圭佑/井上 利一地域景観ユニット
桁端部緩衝材の低温時特性と桁衝突挙動の検討寺澤 貴裕/白戸 義孝/西 弘明/山澤 文雄寒地構造チーム
観光地の魅力向上に寄与する屋外公共空間の「パターン」の仮説について笠間 聡/松田 泰明地域景観ユニット
コンクリートの基礎知識嶋田 久俊耐寒材料チーム
第6回落石防護に関する学際的国際ワークショップ(RocExs 2017)に参加して山澤 文雄寒地構造チーム
国際構造コンクリート連合ミーティングへの参加報告菊田 悦二耐寒材料チーム
第60回(平成28年度)北海道開発技術研究発表会優秀論文表彰式が行われました佐藤 圭洋寒地技術推進室
「第4回震災対策技術展大阪」及び「建設技術公開EE東北‘17」への参加千葉 誠一寒地技術推進室
えっ、2ヶ月も田植えが続くの?中村 和正水利基盤チーム
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告6 農地・農業用施設の被害について大久保 天/立石 信次/山口 健/桑原 淳/辻 修/宗岡 寿美/木村 賢人/山崎 由理寒地土木研究所
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告7 一般国道274号日勝峠の被害と土質特性について川村 志麻寒地土木研究所
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告8 知床半島羅臼町の斜面崩壊について石丸 聡/伊藤 陽司/田近 淳/輿水 健一寒地土木研究所
ページの先頭へ

7月 / 目次

タイトル著者研究室
ロシアとの関係改善に期待する田高 淳総括研究監
画像解析の河川管理施設の広範囲自動監視への適用岡部 博一/矢部 浩規/田所 登寒地河川チーム
短期間多量降雪時の雪崩発生に関わる積雪密度の時間変化に関する現地観測高橋 渉/原田裕介/松下 拓樹/松澤 勝雪氷チーム
北海道において複合劣化を受けた鋼橋RC床版の調査事例角間 恒/佐藤 孝司/西 弘明寒地構造チーム
積雪寒冷地における補強土(テールアルメ)壁の被災事例橋本 聖/山梨 高裕/林 宏親寒地地盤チーム
新しい非塩化物系凍結防止剤の融氷性能と植物の生育への影響に関する研究佐藤 賢治/藤本 明宏/中島 知幸/徳永 ロベルト/高橋 尚人/石田 樹/中島 範行寒地交通チーム
路面雪氷状態推定結果を用いた冬期交通事故分析手法の基礎的検討齊田 光/平澤 匡介/高橋 尚人/石田 樹寒地交通チーム
2017年ヨーロッパ地球科学連合大会(European Geosciences Union 2017 General Assembly)とウィーン流域科学シンポジウム(Vienna Catchment Science Symposium)への参加報告水垣 滋水環境保全チーム
TRB第5回国際ラウンドアバウト会議に参加して宗広 一徳寒地交通チーム
水産土木チームの紹介伊藤 敏朗水産土木チーム
「海の日」中嶋 雄一寒冷沿岸域チーム
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告4 河川の被害(渓流部)について藤浪 武史研究連携推進監
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告5 河川の被害(河川堤防等)について前田 俊一特命上席研究員
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告3 道路の被害(橋梁)について西 弘明/佐藤 孝司寒地構造チーム
ページの先頭へ

6月 / 目次

タイトル著者研究室
新たなステージに入った北海道の水災害船木 淳悟寒地水圏研究グループ長
強風時における雨量計の降雪粒子捕捉率に関する検討大宮 哲/松澤 勝雪氷チーム
2カ年の航空レーザ測量により解明した山間部における積雪分布の特徴西原 照雅/谷瀬 敦水環境保全チーム
橋梁用伸縮装置の劣化損傷の現状と機能維持技術について佐藤 孝司/西 弘明/角間 恒寒地構造チーム
北海道に分布するまさ土の地盤工学的性質佐藤 厚子/林 憲裕/林 宏親/山木 正彦寒地地盤チーム
沿道の屋外広告物が景観と広告効果に与える影響について ~SD法を用いた被験者実験~田宮 敬士/松田 泰明/二ノ宮 清志地域景観ユニット
タイ国で開催された水資源に関する国際会議とiRIC講習会への参加報告井上 卓也寒地河川チーム
寒地土木研究所一般公開のお知らせ 7月7日(金)、8日(土)小松 陽一寒地技術推進室
自分の読む本は他人が選ぶ木村孝司寒地道路保全チーム
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告を連載するにあたって伊東 佳彦地質研究監
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告1 気象の概要について松岡 直基寒地土木研究所
2016年8~9月の北海道における豪雨災害に関する報告2 道路の被害(斜面・法面)について倉橋 稔幸/伊東 佳彦/日外 勝仁/角田 富士夫/山崎 秀策寒地土木研究所
ページの先頭へ

5月 / 目次

タイトル著者研究室
200年耐久性試験熊谷 政行寒地保全技術研究グループ長
異なる栽培方式における大区画水田圃場の用水量特性越山 直子/酒井 未樹/中村 和正水利基盤チーム
大区画水田における地下水位と湛水位の代表値の把握方法酒井 美樹/越山 直子/中村 和正水利基盤チーム
落石防護擁壁の重錘衝突実験による挙動山澤 文雄/今野 久志/荒木 恒也/西 弘明寒地構造チーム
掘削発生土を盛土材料に用いた河川堤防の安定性に関する検討林 宏親/林 憲裕/山木 正彦/西村 聡/田村 真次寒地地盤チーム
繰返し載荷を受けた北海道泥炭の剛性変化とその要因山木 正彦/林 憲裕/林 宏親寒地地盤チーム
国際構造コンクリート連合ミーティングへの参加報告菊田 悦二耐寒材料チーム
第67回ICID国際執行理事会および第2回世界かんがいフォーラム参加報告越山 直子水利基盤チーム
『流域圏セミナー(8):流砂系』兼『第2回総合的な流域土砂管理に関する勉強会』 を開催しました水垣 滋水環境保全チーム
平成29年度の国立研究開発法人土木研究所の業務運営に関する計画土木研究所寒地土木研究所
水防災に関する調査研究の知見を釧路で発信!鳥谷部 寿人寒地土木研究所
ドローンの活用西 弘明寒地構造チーム
ページの先頭へ

4月 / 目次

タイトル著者研究室
北海道発の土木技術片倉 浩司審議役
吹雪危険度の評価手法に関する研究 -道路構造や沿道環境が冬期道路の吹雪視程障害発生に及ぼす影響-武知 洋太/松澤 勝/伊東 靖彦/國分 徹哉雪氷チーム
凍結防止剤散布におけるオペレータの現地作業判断支援に関する研究徳永 ロベルト/佐藤 賢治/高橋 尚人/石田 樹寒地交通チーム
沿岸構造物における水産生物の保護育成機能解明に向けた事前の取り組み丸山 修治/梶原 瑠美子/大橋 正臣/伊藤 敏朗水産土木チーム
無電柱化に向けたケーブル埋設用トレンチャーによる道路路盤掘削試験小林 勇一/田所 登/岸 寛人寒地機械技術チーム
寒冷地の浅層埋設を想定した光ケーブル管路滞留水の凍結実験と考察岩田 圭佑/蒲澤 英範/松田 泰明/吉田 智地域景観ユニット
岩盤斜面崩壊事例における分離面に基づく崩壊形態のモデル化日外 勝仁/倉橋 稔幸/伊東 佳彦寒地土木研究所
レーザーと土木研究への活用櫻井 俊光雪氷チーム
第96回TRB年次総会に参加して櫻井 俊光/松澤 勝/高橋 尚人/宗広 一徳寒地土木研究所
平成29年度 国立研究開発法人土木研究所 組織図紹介第2グループ企画室
「表面走査法によるコンクリートの凍害点検・診断マニュアル(案)」の発刊遠藤 裕丈耐寒材料チーム
第7回次世代地盤改良技術に関するワークショップを開催しました佐藤 厚子寒地地盤チーム
水利基盤チーム石神暁郎研究員が 農業農村工学会材料施工研究部会研究奨励賞を受賞中村 和正水利基盤チーム
「土研 新技術ショーケース2016 in札幌」、 「2017ふゆトピア・フェア in 函館」における普及活動千葉 誠一寒地技術推進室
第21回「震災対策技術展」横浜への出展および 関東地方整備局技術エキスパートと土木研究所との意見交換会への参加林田 寿文寒地技術推進室
第28回技術者交流フォーラムin稚内 「地域に貢献する道北の農林水産技術とその環境」を開催しました金子 学寒地技術推進室道北支所
旭川市と「土木技術に関する連携・協力協定」を締結榊原 佳宏寒地技術推進室道北支所
地域景観ユニットの紹介佐藤 昌哉地域景観ユニット
若手教育林 憲裕北海道開発局
ページの先頭へ

バックナンバー

ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.