シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

論文<研究室別>

寒地道路保全チーム  (旧 維持管理研究室 / 舗装研究室 / 道路研究室)

2015年度 <<  >> ■

2016年度

発表年月 タイトル 著者 発表先
2016年12月10日RC床版上に施工する耐久性の高い基層用アスファルト混合物の検討星 卓見/丸山 記美雄/木村 孝司寒地土木技術研究 第763号
2016年12月08日路面テクスチャと湿潤・凍結路面における走行安全性との関係に関する研究田中 俊輔/安倍 隆二/武市 靖/古田 智大/木村 孝司土木学会論文集E1(舗装工学),Vol.72,No.3(舗装工学論文集)
2016年12月08日積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計法に関する一検討 上野 千草/安倍 隆二/井谷 雅司/木村 孝司土木学会論文集E1(舗装工学),Vol.72,No.3(舗装工学論文集)
2016年12月08日積雪寒冷地におけるガラスカレットの凍上抑制層への適用性に関する研究安倍隆二/上野千草/木村 孝司土木学会論文集E1(舗装工学)
2016年12月01日積雪寒冷地の高規格幹線道路における表層混合物の検討田中 俊輔/安倍 隆二/丸山 記美雄/木村 孝司機関誌アスファルト
2016年11月16日粗面系舗装におけるすべり止め材の適用性に関する研究田中 俊輔/安倍 隆二/武市 靖/木村 孝司寒地技術論文・報告集vol.32
2016年11月16日乗用車の走行抵抗に路面雪氷が及ぼす影響に関する実験丸山 記美雄/三浦 豪/大浦 正樹/木村 孝司寒地技術論文・報告集vol.32
2016年11月16日トンネル内コンクリート舗装の摩擦係数低下要素と粗面化による改善効果井谷 雅司/上野 千草/大浦 正樹/木村 孝司寒地技術論文・報告集vol.32
2016年11月10日2016国際アスファルト舗装協会(ISAP)シンポジウムに参加して田中 俊輔寒地土木技術研究 第762号
2016年11月01日RC床版上の基層用アスファルト混合物の性能に関する検討星 卓見/丸山 記美雄/木村 孝司平成28年度 国土交通省 国土技術研究会
2016年11月01日赤外線カメラによるポットホール発生危険部位の診断技術に関する基礎検討丸山 記美雄/星 卓見/木村 孝司平成28年度 国土交通省国土技術研究会
2016年10月01日極東ロシアとの寒冷地道路分野の技術協力宗広 一徳/星 卓見交通工学
2016年09月28日道路雪氷環境の同時連続測定による走行性評価に関する研究藤本 明宏/徳永 ロベルト/武知 洋太/住田 則行/丸山 記美雄/石田 樹雪氷研究大会(2016・名古屋)講演要旨集
2016年09月09日北海道型SMAの路面テクスチャが凍結路面の生成に与える影響に関する研究田中 俊輔/安倍 隆二/武市 靖/古田 智大/木村 孝司第71回年次学術講演会講演概要集
2016年09月07日コンクリート床版の劣化損傷対策としての基層用アスファルト混合物の検討星 卓見/丸山 記美雄/木村 孝司土木学会平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会
2016年09月07日トンネル内コンクリート舗装の表面成分と摩擦抵抗に関する一考察井谷 雅司/上野 千草/磯田 卓也/木村 孝司土木学会平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会
2016年09月07日赤外線カメラを用いたポットホール事前検知技術に関する基礎検討丸山 記美雄/星 卓見/木村孝司土木学会平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会
2016年09月07日積雪寒冷地におけるアスファルト再生骨材の圧裂係数による品質管理に関する一考察上野 千草/安倍 隆二/木村 孝司土木学会平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会
2016年09月07日積雪寒冷地における既設コンクリート舗装の破損および補修の現状磯田 卓也/上野 千草/安倍 隆二/木村 孝司土木学会平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会
2016年06月10日北海道型SMA の転圧方法および品質に関する研究田中 俊輔/安倍 隆二/亀山 修一/丸山 記美雄/磯田 卓也/木村 孝司寒地土木技術研究 第757号
2016年04月20日すべり止め材散布が粗面系舗装の性能に与える影響と散布効果に関する研究田中 俊輔/安倍 隆二/高橋 尚人/武市 靖/木村 孝司寒地土木技術研究 第755号
2016年04月20日第95回TRB 年次総会に参加して渡邊 崇史/松澤 勝/高橋 尚人/宗広 一徳/徳永 ロベルト/國分 徹哉/田中 俊輔寒地土木技術研究 第755号
ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.