シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 豊平川と札内川における魚類生息環境の比較

作成年度 2002年度
論文名 豊平川と札内川における魚類生息環境の比較
論文名(和訳) COMPARATIVE STUDY OF FISH AND HABITATS IN THE TOYOHIRA AND SATSUNAI RIVERS
論文副題
発表会 2002年度・河川技術に関するシンポジウム -新しい河川整備・管理の理念とそれを支援する河川技術に関するシンポジウム-(河川技術論文集Vol.8)
誌名(No./号数)
発表年月日 2002/06/13 ~ 2002/06/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
環境研究室野上 毅(NOGAMI Takeshi)
環境研究室中津川 誠(NAKATSUGAWA Makoto)
道立水産孵化場小林 美樹(KOBAYASHI Miki)
抄録
対象河川である豊平川は、大都市を流れる急勾配な河川として、全国的にも数少ない急流河川であり、洪水時に莫大な被害の危険性を持つ河川である。そのため床止工の設置、高水敷の造成、護岸工による河岸や堤防の保護など様々な治水対策がとられてきた。このような背景のもと大都市域にある急流河川という制約の中で、治水と生態系保全との両立が大きな課題である。本論文では、水中における食物連鎖網の上位に位置する魚類に着目し、都市河川の環境管理における魚類保全の位置づけと方法を明確にするため、縦断的な魚類分布の状況を把握し、魚類の生息に重要な環境要因の分析を行った。また都市急流河川の環境管理を目標に、相対的な位置づけを明確にするため、豊平川と類似した規模や勾配を持ちつつも、自然状態に近い札内川との比較を行い、その特徴の違いを把握した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.