シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 流域土地利用と負荷発生源に着目した水質成分負荷量の流出特性

作成年度 2002年度
論文名 流域土地利用と負荷発生源に着目した水質成分負荷量の流出特性
論文名(和訳) RUNOFF CHARACTERISTICS OF LOADS OF WATER QIALITY COMPONENTS BASED ON RELATIONSHIP BETWEEN LAND USE AND POLLUTANT SOURCES IN A BASIN
論文副題
発表会 2002年度・河川技術に関するシンポジウム -新しい河川整備・管理の理念とそれを支援する河川技術に関するシンポジウム-(河川技術論文集Vol.8)
誌名(No./号数)
発表年月日 2002/06/13 ~ 2002/06/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
前環境研究室(石建)太田 陽子(OHTA Youko)
環境研究室中津川 誠(NAKATSUGAWA Makoto)
抄録
河川管理は流域ごとに異なるものであり、流域特性が反映されたものが望まれている。したがって、対象となる流域において河川環境にとって重要な要因を抽出して、現状把握、管理、対策を行うことが重要である。その一環として、積雪寒冷地流域における水質成分負荷量の合理的な推定、および流域の土地利用との関係把握を行うことは、流域の水管理に資すると考えられる。そこで、本研究では石狩川流域の本川、支川を対象として、水質成分負荷量の総量を推定した。この際、流出負荷量に占める割合が大きい出水時負荷も考慮し、推定精度の向上を図った。また、点源(ポイントソース)と面源(ノンポイントソース)といった水質成分負荷の由来を考慮し、点源負荷量は人口や産業活動に関連する原単位に応じて推定した。一方、推定された総負荷量から点源負荷量を差し引いた値を面源負荷量とした。以上により、この面源からの負荷量を、集水域の土地利用別(森林、畑地、水田)面積に応じて、原単位(t/km2/year)の形で推定・整理した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.