シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 AFRP2方向シートおよびAFRPロッド補強を施したRC版に関する重錘落下衝撃実験

作成年度 2002年度
論文名 AFRP2方向シートおよびAFRPロッド補強を施したRC版に関する重錘落下衝撃実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会 平成14年度全国大会第57回年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2002/09/25 ~ 2002/09/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学岸  徳光(KISHI Norimitsu)
三井建設三上 浩(MIKAMI Hiroshi)
防衛庁第4研究所安藤 智啓(ANDOH Tomoaki)
材料研究室栗橋 祐介(KURIHASHI Yuusuke)
KGエンジニアリング巽  治(EBISU Osamu)
抄録
本研究では、RC 版をアラミド繊維(AFRP)シートおよびAFRP ロッドで補強した場合の耐衝撃性状を検討することを目的に、ロッド本数等を変化させた4種類の AFRPシート補強RC版を製作し重錘落下衝撃実験を実施した。その結果、1) AFRP シート補強により押し抜きせん断耐力が増大して、RC 版の変位量と重錘貫入量は抑制され、押し抜きせん断面の形成される角度は緩やかになる、2) AFRP ロッドを配筋してせん断補強を施した場合には、より押し抜きせん断耐力が増加し、かつ RC版の耐衝撃性も向上する、3) 挿入するロッドの本数が多い場合ほど耐衝撃性が向上する、ことなどが明らかになった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.