シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2車線高規格幹線道路における除雪作業時の交通運用に関する試験

作成年度 2003年度
論文名 2車線高規格幹線道路における除雪作業時の交通運用に関する試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第47回北海道開発局技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/02/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室熊谷 政行(KUMAGAI Masayuki)
交通研究室徳永・ロベルト・アブラハム(TOKUNAGA・Roberuto・Aburahamu)
交通研究室浅野 基樹(ASANO Motoki)
抄録
現在、全国で高規格幹線道路の整備が進められており、特に北海道のような広域分散型の地域構造を有する地域では、高規格幹線道路の整備は長い都市間距離を克服する施策として期待されている。北海道内でも1、825km の高規格幹線道路が計画されているが、未だ多くの延長を残している。公共事業の効率的な執行が求められるなか、現在供用中の区間でも一部用いられている片側1 車線構造での整備が今後も多くの区間で進められることが予想される。しかし、片側1 車線構造の高規格幹線道路では、速度が低く抑えられるだけでなく、センターポールにより分離されている区間では不安を感じているドライバーが多く、ガードレール付きの中央分離帯を設置した片側1 車線の高規格幹線道路の整備が検討されている。また、北海道の様な多雪地帯の片側1 車線道路では冬期の除雪作業の際に通行規制が必要となり、特に運搬排雪の作業時には一時通行止を行う場合もあり、利用者への影響も大きなものとなっている。そこで、現在、北海道の地域特性に相応しい高規格幹線道路の道路構造の検討の一環として、除雪作業時の走行性について検証するため、片側1 車線の高規格幹線道路における除雪作業の場面を再現し、走行車両への影響を把握する試験を行った。本報はその試験の概要と結果について報告するものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.