シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 鋼二重合成複合ラーメン橋の剛結部に関する実験的研究

作成年度 2003年度
論文名 鋼二重合成複合ラーメン橋の剛結部に関する実験的研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成15年度全国大会土木学会第58回年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2003/09/24 ~ 2003/09/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)横河ブリッジ佐々木 保隆
(株)横河ブリッジ高嶋 豊
構造研究室皆川 昌樹(MINAKAWA Masaki)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
抄録
鋼道路橋における構造の合理化,建設費縮減への一試案として,著者らは既報において,開断面箱桁とRC橋脚とを剛結した“鋼開断面箱桁複合ラーメン橋”を提案し,その実現に向け構造上重要となる鋼桁とRC橋脚との剛結部について,模型実験および解析による検討を実施し,提案形式の妥当性を検証した。ここでは,同形式に対して構造のさらなる合理化を図るべく,中間橋脚剛結部付近の主桁断面に二重合成形式を取り入れた“鋼二重合成複合ラーメン橋”を提案するとともに,提案形式の適用性を確認するために行った剛結部近傍の縮尺模型実験および解析検討結果について報告する。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.