シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 BMSにおける補修事業シミュレーション

作成年度 2003年度
論文名 BMSにおける補修事業シミュレーション
論文名(和訳) Simulation of repair planning in BMS
論文副題
発表会 平成15年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/02/02 ~ 2004/02/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北見工業大学 大学院但木 純
(株)ドーコン佐藤 誠
北見工業大学大島 俊之
北見工業大学三上 修一
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
北海道道路技術センター竹田 俊明
抄録
現在,我国では供用年数が30~40年経つ橋梁が増加し続けており,2030年には我国の道路橋の50%以上が橋令50年以上になるといわれている。しかしながらわが国の経済情勢における財政難は深刻化しており,社会基盤施設への投資が削減され,橋梁に対しても一様の維持管理業務が遂行されにくい状態である。将来の経済状態を考慮すると,限りある予算の効率化を図り,最適な維持管理計画を作成するための橋梁維持管理システムBMS(Bridge Management System)が必要であると考えられる。しかし,現在までに多数の研究者および技術者によって実務者レベルの提案がされているものの,未だこれらを統一化した橋梁維持管理システムとしての実用化に至っていないのが現状である。そこで本研究では,現在までの蓄積されたデータベースを基に橋梁の長期的かつ合理的な維持管理計画を立案できるシステム(JAM:Japan Asset Management System)の構築を目的としている。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.