シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 ポリプロピレン繊維補強コンクリートの圧縮強度および凍結融解抵抗性

作成年度 2003年度
論文名 ポリプロピレン繊維補強コンクリートの圧縮強度および凍結融解抵抗性
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報、No.608 1月号 [報文]
発表年月日 2004/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
材料研究室吉田 行(YOSHIDA Susumu)
材料研究室田口 史雄(TAGUCHI Fumio)
滝川道路事務所山崎 勲
抄録
繊維補強コンクリートは、コンクリートの靭性やひび割れに対する抵抗性を向上させた複合材料であり、コンクリート片の剥離・剥落防止やコンクリート構造物の補修補強等に広く使用されている。本研究では、補強用繊維として近年注目されている、ポリプロピレン繊維を用いたコンクリートの圧縮強度および凍結融解抵抗性について、コンクリートの気泡組織を含めた組織構造の観点から検討を行った。その結果、ポリプロピレン繊維補強コンクリートの組織構造は、繊維の形状等により異なり、圧縮強度や凍結融解抵抗性に影響を及ぼすことが明らかとなった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.