シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト -酪農糞尿を主原料とするバイオガスプラントシステムの実証試験-

作成年度 2003年度
論文名 積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト -酪農糞尿を主原料とするバイオガスプラントシステムの実証試験-
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 総合政策提案誌「新政策」特集号 バイオマスニッポンへの技術開発
発表年月日 2003/07/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土壌保全研究室石渡 輝夫(ISHIWATA Teruo)
抄録
北海道では全国の生乳の40%強が生産されており、それから排泄される糞尿の対策が大きな課題となっている。また、糞尿はバイオマスであることから、その有効利用も大きな課題となっている。その様な状況の中で始まった実証試験「積雪寒冷地における環境・資源循環プロジェクト」の、1背景と目的、2これまでの成果と課題、について概説した。特に課題では、①共同利用型プラント、②副資材、③消化液の利用、④バイオガスの利用、に分けてを説明し、総合的な経済性の実証についても触れた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.