シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 正面衝突事故対策としてのランブルストリップスの開発と普及について

作成年度 2004年度
論文名 正面衝突事故対策としてのランブルストリップスの開発と普及について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第59回年次学術講演会(土木学会全国大会)
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/09/08 ~ 2004/09/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室平澤 匡介(HIRASAWA Masayuki)
交通研究室高田 哲哉(TAKADA Tetsuya)
交通研究室浅野 基樹(ASANO Motoki)
室蘭工業大学豊田 義人(TOYOTA Yoshihito)
抄録
北海道は、正面衝突による死亡事故が多く、新たな対策手法の開発が期待される。北海道開発土木研究所は、近年米国において、路外逸脱事故の防止対策技術として普及しているランブルストリップスをセンターライン上に設置し、正面衝突事故対策としての導入を試みた。平成13年試験道路において施工・走行実験を行い、ランブルストリップスの規格を考案し、平成14年実道に設置した。その結果、効率的かつ効果的な正面衝突事故対策として有効であることが確認された。本報告では、より普及を促すために新しい規格のランブルストリップスを考案し、苫小牧寒地試験道路に試験施工を行い、走行実験を行った結果を報告するものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.