シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 親水護岸における越波飛沫の現地観測と利用者の安全性に関する一考察

作成年度 2004年度
論文名 親水護岸における越波飛沫の現地観測と利用者の安全性に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会北海道支部年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/02/07 ~ 2005/02/08
所属研究室/機関名 著者名(英名)
港湾研究室山本 泰司(YAMAMOTO Yasuji)
北海道開発局宮部 秀一(MIYABE Syuichi)
室蘭工業大学木村 克俊(KIMURA Katsutoshi)
抄録
防波護岸を親水施設として市民に開放する場合は、利用者の安全性に十分配慮して設計する必要がある。護岸の許容越波流量は提案されているが、護岸の越波量を現地で観測した例は非常に少ない。本報では、現地に建設されている消波工付き親水護岸を対象に、越波飛沫の調査を行って、利用者の安全性について検討した。その結果、不特定多数の利用者の快適性や心理的な恐怖心を考慮すると、有義打ち上げ高を安全性の指標として用いることが適当であり、また、利用者の転倒などの被害に対しては、越波流量は10-5 m3/m/s のオーダーを許容値とする必要があることを提案した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.