シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 遠心力装置による切欠きを有する模擬岩盤の崩落実験

作成年度 2004年度
論文名 遠心力装置による切欠きを有する模擬岩盤の崩落実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地質研究室日下部 祐基(KUSAKABE Yuuki)
構造研究室池田 憲二(IKEDA Kenji)
構造研究室渡邊 一悟(WATANABE Kazunori)
豊橋科学技術大学三浦 均也(MIURA Kinya)
抄録
本研究では、積雪寒冷地における大規模岩盤崩落の原因の一つである、亀裂進展の機構解明に関する遠心力載荷実験を実施している。ここでは、供試体強度に着目した実験と過去の実験結果で異常値と判断された実験ケースの再実験を行い考察した。さらに遠心力載荷実験で測定されたひずみ分布などをもとに、極限つりあい式の誘導仮定を再検討し、破壊条件をより正確に再現した推定式を誘導した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.