シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 自然由来の有害物質を対象とした岩石の粒径別溶出試験

作成年度 2004年度
論文名 自然由来の有害物質を対象とした岩石の粒径別溶出試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地質研究室田本 修一(TAMOTO Shuichi)
地質研究室伊東 佳彦(ITO Yosihiko)
地質研究室橋本 祥司(HASHIMOTO Shoji)
抄録
建設発生土、特に岩ずりを対象とした粒径別の溶出試験を行った結果、次の知見が得られた。①砒素、セレン及び鉛は、粒径が大きくなると溶出量が低下する傾向がある。②溶出率で整理すると、硫酸イオンと砒素の溶出には岩種毎に相関関係がある。今後の課題として、固結度と溶出量の関係を検討する。また、岩種の違いについてデータを更に蓄積し検討する予定である。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.