シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 泥炭性軟弱地盤に対する高強度小径パイルの沈下低減効果

作成年度 2004年度
論文名 泥炭性軟弱地盤に対する高強度小径パイルの沈下低減効果
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会 平成16年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
土質基礎研究室澤井 健吾(SAWAI Kengo)
不動建設小飼喜弘(KOGAI Yoshihiro)
不動建設大林 淳(OHBAYASHI Jun)
不動建設佐藤敏和(SATO Toshikazu)
抄録
泥炭性軟弱地盤における深層混合処理では、50%以上の改良率を標準としている。さらに、設計強度を満足するために、改良材コストが高いが現状である。これらの課題を解決するために、セメントと砕石を用いた高強度で小径パイルを造成する工法を考案した。本報告は、本工法の沈下低減効果を明らかにするために行った遠心模型実験結果を述べるものである。検討の結果、以下のことが明らかとなった。・本工法は、深層混合処理の半分の改良率で、同等以上の沈下低減効果が得られる。・改良率が同じ場合、径が小さい方(本数が多い方)が高い沈下低減効果を発揮する可能性がある。・低改良率の場合、ジオテキスタイルを併用することによって効果が高まる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.