シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 真空厚密工法のポンプ停止時期が残留沈下に与える影響

作成年度 2004年度
論文名 真空厚密工法のポンプ停止時期が残留沈下に与える影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会 平成16年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室澤井 健吾(SAWAI Kengo)
札幌開発建設部菅藤善之(KANTO Yoshiyuki)
抄録
真空圧密工法の適切なポンプ運転期間や長期的な沈下挙動などには、未だ不明確な点が残されている。そこで、泥炭、有機質粘土ならびに粘土から成る軟弱地盤において、真空ポンプの停止時期を変化させた試験施工が実施された。その結果、残留沈下を抑制するためには、正の間隙水圧が静水圧まで消散する程度にポンプを運転することが適切と判断された。また、泥炭層および有機質粘土層における沈下予測にあたっては、二次圧密を考慮する必要があることが明らかとなった。この際、能登の予測式と負圧による二次圧密係数低減の考え方を用いることによって予測可能と考えられる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.