シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 加水石炭灰の地盤材料への適用性検討

作成年度 2004年度
論文名 加水石炭灰の地盤材料への適用性検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会 平成16年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室松田 正大(MATSUDA Masahiro)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室佐藤 厚子(SATOH Atsuko)
抄録
石炭灰は粉体状であるため飛散しやすい材料であることが知られている。今回使用した材料は地盤改良を目的として石炭灰に重量比25%のセメントを混合している。昨年の研究でこの石炭灰に重量比5%の水を加えれば飛散が抑制され、加水された石炭灰は不良土改良材としての利用が可能であることがわかった。次に加水後の時間経過とその加水石炭灰によって改良された不良土の強度との関係を調べるために、加水後、所定時間保管した石炭灰による安定処理土に対して強度試験を行った。一連の結果からトラフィカビリティは加水後経過時間に伴い各コーン指数に違いはあまり見られなかったが、各一軸圧縮強さに関しては大きな違いが見られた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.