シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道の火山灰地盤における打込み鋼管杭の周面抵抗力評価

作成年度 2004年度
論文名 北海道の火山灰地盤における打込み鋼管杭の周面抵抗力評価
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第39回地盤工学研究発表会 平成16年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2004/07/07 ~ 2004/07/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室江川 拓也(EGAWA Takuya)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
抄録
火山灰地盤における杭鉛直支持力は現在のところ砂質土に準じて算出される。しかし、火山灰土は砂とはせん断特性の詳細も異なることから実現場において支持力不足が生じるなど、火山灰地盤における明確な杭基礎設計法が確立されていない状況にある。 本検討では昨年の場所打ち杭での検討に引続き火山灰地盤に施工された打込み鋼管杭の杭鉛直支持力、特に周面抵抗力発現機構を養生日数・打撃力を変化させた杭の衝撃載荷試験により検証した。その結果、杭頭から杭先端方向へ地盤抵抗を徐々に降伏させることで杭周面抵抗力を詳細に把握できた。また、得られた周面抵抗力は必ずしも設計値とは合致しておらず、降下火砕物において約40%過小な発現を示していた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.