シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 二層緩衝構造を設置した落石防護擁壁の地盤物性を考慮した転倒安定性に関する数値解析的検討

作成年度 2005年度
論文名 二層緩衝構造を設置した落石防護擁壁の地盤物性を考慮した転倒安定性に関する数値解析的検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第51回構造工学シンポジウム
誌名(No./号数) 構造工学論文集Vol. 51A
発表年月日 2005/04/04 ~ 2005/04/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング川瀬 良司(KAWASE Ryoji)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
構造研究室今野 久志(KONNO Hisashi)
構造研究室西 弘明(NISHI Hiroaki)
抄録
著者らは、落石防護擁壁に伝達される落石衝撃力を緩和しかつ分散させる目的で、擁壁の落石衝突面に二層緩衝構造を設置する手法を提案している。提案の二層緩衝構造は表層材がRC版、裏層材が発泡スチロール材から構成されるものである。これまでに、各種の実験的、数値解析的検討により、本緩衝構造の設計手法を提案するとともに、その適用性を確認している。しかしながら、落石防護擁壁のより合理的な設計法の確立に向けては、地盤物性を考慮する必要性があるものと考えられる。本研究では、二層緩衝構造を設置したコンクリート製擁壁の重心浮上量定式化を基に基礎地盤の物性を変化させ、擁壁底面と地盤面との滑動を許容させた場合の適用性について、数値解析的検討を行った。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.