シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 日高帯に関する固有振動解析

作成年度 2005年度
論文名 日高帯に関する固有振動解析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成17年度土木学会全国大会第60回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第60回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) DISC1 3-457
発表年月日 2005/09/07 ~ 2005/09/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング牛渡 裕二
構造研究室石川 博之(ISHIKAWA Hiroyuki)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
構造研究室國松 博一(KUNIMATSU Hirokazu)
構造研究室岡田 慎哉(OKADA Shin-ya)
抄録
日高帯は北海道のほぼ中央を縦断して広く分布している地質体である。日高帯では、地震発生後に斜面の崩落した事例が幾つかあることから、日高帯の地震時の応答特性を把握することは、肝要であると考えられる。[*]本報告では、解析対象斜面の固有振動特性の把握および地震応答解析で用いる解析モデル形状を決定することを目的とし、日高帯に属する斜面をモデル化して3次元有限要素法による固有振動解析を実施した。ここでは、主に地震応答解析で用いる解析モデル形状を決定するに至るまでの過程を述べることとする。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.